緊急・災害情報

現在、緊急災害情報はありません。

令和元年度軽米町インフルエンザ予防接種について

公開日:2019年10月10日 12:00/最終更新日:2019年10月10日 12:03

季節性インフルエンザ予防接種費用の一部助成を実施します

 季節性インフルエンザの感染や重症化、流行をふせぐため、今年度も下記の対象の方に、インフルエンザ予防接種費用の一部助成を行います。この予防注射は、65歳以上の高齢者については予防接種法で定められた定期予防接種となっていますので、なるべく予防接種を受けるようにしましょう。

 小さなお子さんも重症化しやすいので、予防接種を受けることをおすすめします。

対象

軽米町に住所を有し、以下の1~3いずれかに該当する方が対象です。

1.満65歳以上の方

〔予防接種実施期間中に65歳になる方は、誕生日が過ぎたら助成の対象になります〕

2.60歳以上65歳未満の方で、心臓・じん臓又は呼吸器疾患およびヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障害で、日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(身体障がい者手帳1級程度をお持ちの方)

3.生後6か月~高校3年生(高校3年生に相当する年齢の方も含む)

〔予防接種実施期間中に生後6か月になる方は、6か月になってから接種を受けましょう〕
 対象の方には、10月初旬に予診票等を郵送しています。

※なお、町の補助は期間中一人につき1回、2,500円です(13歳未満の方も一人1回のみ)。
接種料金から2,500円差し引いた額を医療機関にてお支払いください(下記インフルエンザ予防接種実施医療機関一覧に、各医療機関でインフルエンザ予防接種を実施する場合の自己負担金を掲載しています)

※生活保護世帯の方の自己負担金はありません(全額助成)。

インフルエンザ実施期間

令和元年10月7日(月)~令和2年2月29日(土)

 県立軽米病院は10月21日から接種可能です。県立二戸病院・県立一戸病院・県立二戸病院付属九戸診療センターで接種を希望される方は、医療機関にお問い合わせください。

インフルエンザ予防接種実施医療機関(二戸管内)

小児(生後6か月児~高校生まで)⇒R1kodomoinnfuruennzairyoukikan.pdf

高齢者(65歳以上の方)⇒ R1koureisyainnfuruennzairyoukikan.pdf

◎長期入院・施設入所等により上記二戸管内の医療機関でインフルエンザ予防接種を受けることができない方

岩手県内の"岩手県広域的予防接種協力医療機関"でも予防接種を受けることができます。

岩手県外でインフルエンザ予防接種を受け、町の助成を希望される場合は別途申請が必要になりますので、下記までお問い合わせください。

予防接種を受ける際に必要なもの

《生後6か月児~高校生のインフルエンザ予防接種》

□町から送付したインフルエンザ予防接種予診票   □健康保険証    □接種料金(自己負担分)    □母子健康手帳 

  ※接種を受ける際、軽米町の予診票を持参しない場合は全額自己負担となることがあります。

《高齢者インフルエンザ予防接種》

  • 町から送付した高齢者の季節性インフルエンザ予防接種予診票および岩手県高齢者広域接種受診票
    (※接種を受ける際、軽米町の予診票を持参しない場合は全額自己負担となることがあります。)
  • 健康保険証
  • 自己負担金
  • (ある方は)病院の診察券、お薬手帳

インフルエンザ予防接種はお早めに!

 今年は、インフルエンザの流行が早まる可能性がありますので、感染予防と拡大防止のため、早めの予防接種、および手洗いとマスクの着用を心がけましょう。

 また、例年、年明けを過ぎるとワクチンの在庫が少なくなりますのでできるだけ年内に予防接種を済ませるようにしましょう。

お問い合わせ先

健康福祉課・健康づくり担当(健康ふれあいセンター内)

TEL   0195-46-4111

このページに関するお問い合わせ

健康福祉課
福祉担当 〒028-6302 岩手県九戸郡軽米町大字軽米10-85
TEL 0195-46-4736
健康づくり担当 〒028-6302 岩手県九戸郡軽米町大字軽米2-54-5(ふれあいセンター内)
TEL 0195-46-4111
メールでのお問い合わせ kenkoufukushi@town.karumai.iwate.jp
ページの上へ戻る
町の人口・世帯数
総人口:9,038(男:4,423・女:4,615)
世帯数:3,791
令和元年9月30日現在 町民生活課調べ